瞬くあいだ。

表現する。

a0307547_13371993.jpg

育児の苦悩、絵にしてみました。笑

愛情ノイローゼ  65.2×53cm  アクリル絵具 キャンバス

なんかストレスがたまり過ぎて下腹部が痛かったので
下腹部から血が噴出の絵。笑
私は画家なので、色んな事を描く事によって消化(昇華?)していきたいと思っているし
絵を描く事自体が自分の機能の一部となっているような気がするので
今までもこれからも、生きている間色んな事があるけれど
描くという行為によって自分に正直に表現していきたいと思っています。



そういえば、反抗期のつづきですが
色々調べているとこんなコトバを発見しました。

幼少期の反抗期のだだっこで、ママにあたり散らすのは
ママの事を一番安心感の持てる相手だと感じているから。
自分がどんなにあたり散らしても、
最終的にはママはぼくの事を嫌いになるなんてことはない
と感じているから。
反抗期があることは、
自分を表現できているという事だからむしろ喜ばしいこと。


だそうです。
でも確かにわかる気がする。
信頼できて甘えられる相手には
多少我が侭を言えるもんだもんね、大人だって。
なんとなくこの文章を見つけてから
怪獣くんのだだっこやわがままを見ても
「おまえは自立しようとしてるのかぁ〜」とちょっと笑えるというか
ニヤッとできるというか
「ママの事好きなくせに〜」とか思うと笑えるようになったかも。
この時期に、逃げずに、でもがんばりすぎずに
なんとか受け入れ、乗り切れたらいいな〜。

それにしても1月は長かった。
3か月くらい過ごした気分。。
歯の事も辛かったし、、息子の風邪や反抗期もすごくて
毎日ぐったり疲れてた感じ。
でもなんか、自分の中で肯定できる作品が仕上がってよかった。



さてさてちょろっと宣伝だけど

東京都美術館のミュージアムショップにて
期間限定で雑貨の販売を行います(^^)

★artypunchi連動イベント afternoon

開催期間: 2014年2月4日(火)~3月2日(日)
協力: artypunchi
会場:東京都美術館 LB階ミュージアムショップ内 黒板ギャラリー

日本はもちろん、韓国、台湾、ポーランド、イギリス、ドイツ、エストニアなど、
世界中から集まった45名のアーティストたちが、
人の心を惹きつける作品を展示・販売します。



ちなみに、私はポストカード、消しゴム、マッチ、本を出展。
来週はミュージアムショップの黒板に、絵を描きに行って来る予定です(^o^)/

a0307547_1474756.jpg


Yumi Ohta→HPはこちら
[PR]
by sukishiki | 2014-01-31 14:23 | アート | Comments(2)
Commented by YUKI at 2014-01-31 22:32 x
素敵な作品ですね^^
苦悩の中にも希望を感じました。
HPも拝見いたしました。
「表現する」というのは素晴らしい行為だと思います。
敬意を表します。

子供に反抗的な態度を取られるのは辛いものがありますが、甘えの裏返しということもあるんですね。
もっともっと、子供を受け入れられるようになりたいと思いました。
Commented by sukishiki at 2014-02-01 23:09
YUKIさん>HPも見てくださったんですね〜!
ありがとうございます(^^)
そうなんですよね、基本甘えたいんですよね。
わかってはいても、あまりに何もかもとことん甘えられると
甘えなの?わがままなの?と悩んでしまったりもします。
でもできるだけ、受け入れて行ければと思います(^^)/