瞬くあいだ。

子供と美術館!ワンダフルワールド。

a0307547_1093685.jpg

東京都現代美術館で開催中のワンダフルワールドを観に行って来ました。
夏休みの企画として、子供と一緒に楽しめる美術展です(^^)

a0307547_1012192.jpg

この日は快晴。
現代美術館は駅から少し歩くんだな〜、
キキにはちょっときつかったかな、暑かったです。
私は仕事柄、勉強のためにもしょっちゅう美術館には行っていますが
キキも意外と小さい時から色々行っていたりします。

6か月くらいの時にベビーカーに乗せて話しかけながら
鑑賞してたら、来ていたおばちゃんにびっくりされたり。笑
でも少しづつ年齢があがってくるにつれ
館内でも騒いだりするようになっていったので
自分もゆっくり見られないし
ここの所自粛して、私だけで観に行く事が多かったのですが
キキもしっかりしてきて、物心もついてきて
この展示ならまず楽しめるだろうと、行ってきました。
もう自分が「美術館というところに来ているんだ」という自覚もあります。
私がよく、美術館というコトバを口にするので
キキとしても興味大有りだったみたい。

a0307547_10182459.jpg

今回の展示は撮影OKでした。
現代美術って難解ではありますが
わかりだすと、すっごーーいおもしろいんです。

この作品は、「楽園、境界」をテーマに
絵画空間に入り込む装置としての鏡の作品や
森羅万象を描いた滑り台作品を展示する事によって
子供達が遊ぶ楽園風景を見ることによって
大人も自身がかつて子供だった頃を思い出すという作品。

a0307547_102206.jpg

滑り台の中を覗き込んでいます。

a0307547_10222711.jpg

もちろん滑れます。
私も滑りました♪

a0307547_10225537.jpg

子供自身が作品の一部のような感じでしょ(^▽^)

ま、説明されると難しいし、そもそも子持ちの親は
子供を見ていて子供だった頃を思い出しまくってるし
一緒に遊んでしょっちゅう子供になってますけどね^^
でもこんな綺麗な空間で、なかなか遊べないよね。
素敵でした。

a0307547_1027569.jpg

そしてこちらの作品。
これはキキと私は夢中になりました。

この作品は、現代美術館がある木場、深川地域の特徴である
「水路」をテーマに、水の流れをイメージした
布製ブロックのインスタレーションです。

a0307547_10341325.jpg

この布製ブロックにはパチンとつけたりはずれたりするボタンがついていて
鑑賞者がそれを自由に組み合わせることができます。
みんなが自由につけたりはずしたりすることによって
作品のカタチが変わって行くという作品です。

a0307547_103447100.jpg

そしてそれは水路の発展と共に地域が栄えて行った
土地の記憶と人々の記憶をつなぐものをあらわしているらしいです。

a0307547_10352325.jpg

キキと私は夢中でつないで
最後はぜんぶ

ぶち切ってきました。

作品は作って、壊すまでが作品でしょう、という持論によって。笑

a0307547_10362929.jpg

そしてこちらの作品。
最近この映像形態の作品はよくありますよね。
私も作品がこういうのに使われた事あります。

こちらは、動物達が住むアニメーションの景色の中に
鑑賞者の姿が映し出され、まるで一緒にいるような体験ができる
映像インスタレーション。
ママとキキが映っています。

a0307547_10392119.jpg

綺麗ですね。
キキは飛んだり跳ねたりしていました。

a0307547_10395723.jpg

雪だるまにキキの顔が!
これは科学館とかで結構見るので新しさはそんなにありませんでした。

a0307547_1041738.jpg

そしてこれ!!!
これがかなりおもしろかった!
キキも夢中すぎ。

a0307547_10414343.jpg

光の電車が動く事によって、日用品を並べて作ったオブジェを照らして
壮大なイメージを作り出す作品。
せんたくばさみが!

a0307547_10423520.jpg

でかっ!

a0307547_10425291.jpg

また、光の電車って所がいいじゃないですか。
小さな子供の視覚世界を追求しまくっていて
えんぴつやスポンジ、バネなど身の回りにあるものの影が組み合わされ
壮大なイメージを運びながら移動します。
子供達も驚きとワクワクでいっぱいで
子供のクセに!笑 静かに観ていました。
これはお見事すぎるアート作品でした!

a0307547_1046174.jpg

絵画もありました。
絵本の中に入ったようなイメージを持つインスタレーションだそうです。

a0307547_10473248.jpg

もうとにかく、家族で夢中で楽しみ過ぎた展覧会でした。
お腹が空いたので、シフォンケーキをがっついています。

a0307547_10484221.jpg

これ、ぜんぜん関係ないけど。

ワンダフルワールド展、8/31までやってるのでオススメです!
アートに興味がない方でも、このブログをここまで読めたのなら
もう行くだけで楽しめると思います。笑

a0307547_10503042.jpg

帰りはスカイツリーが見えました。
すっかり日が暮れていました。
東京に住んでいるのはやっぱ、最新の文化や美術に触れられるから
という事が大きいです(^^)
なぜか東京以外は、現代美術をやってくれる美術館が少ないんだよね〜。
おもしろいのに。
もっともっとこういうこどもと触れ合える展覧会があったらいいのになぁ。


本日もこちらポチッとよろしくお願いします!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by sukishiki | 2014-08-06 11:02 | 美術館・博物館 | Comments(6)
Commented by f_u_u_k_a at 2014-08-06 13:25
これは、かなり楽しそう!!!
現代美術って、よくわからなくて・・・っていうか、
見ても良さが自分には理解出来ない物も多々だったりして、
敬遠的になっていましたが、これは楽しそう!
ちょっと、現代美術のイメージが変わりそうです♪
見るだけでなくて、触って、体験して、自分なりの物を作ったり・・・
本当に、色々出来て楽しそうな展覧会だったんですね!
作るの大好きなキキくんに、ぴったりで、かなり楽しんてくれたでしょうね♪
Commented by sukishiki at 2014-08-07 10:19
f_u_u_k_aさん>ですよね〜、私たち世代は学校で近代美術しか習ってない世代なんです。
特に日本人って、美術とは「感じるもの」とか
「美しいもの」という価値観が主流で
欧米からやってきた、現代美術がわからないのは当たり前なんですよね。
現代美術は、世界の情勢、政治、経済、宗教の仕組みがまずわかって
その上で作品のコンセプトをコトバで表現することを重要にしていて
またそのコトバの表現も難しかったりして
もっと簡単に表現してくれ!とかつっこみたくなる
だからと言って大した事を表現しているわけではないんですよね。
今回の展示だって、結局「子供と一緒に楽しもう!」ってことですもんね(^^)
現代美術を楽しむキーポイントは、作品のそばに書いてある文章をよく読む事が一番です。笑
これが案外おもしろかったりします。
しかしほんと、美術ってムツカシイ…。でも多くの人が好きになってくれたらいいな。
Commented by muramasa at 2014-08-07 17:35 x
へぇ~。こんなイベントやってたなんて知りませんでした。
現代美術ってカテゴリーがよくわからなかったのですが、
コメント欄見て納得しました(笑)

欧米の宗教観とかピンと来ないし、難解なのは仕方ないかも~。
洋書読んでても宗教絡みや聖書の一節なんてさっぱりわかりません^^;
Commented by sukishiki at 2014-08-07 19:37
muramasaさん>う〜んと…
たぶんちょっと違うと思うんですが、説明書こうとするとむつかしくて…
ま、とにかく、そういうカテゴリーのアートがあって
それは日本人の多くの価値観でいう美術とは少し見方が違って
その見方が海外から入って来た見方というか…
価値観的にはただそれだけで
今では色んな国の人がそのアートによって表現しているので
宗教観だけの問題ではなく、そういうのを越えて楽しめるからこそアートなんです。
おそらく私達の子供は、美術の授業で現代美術を学ぶはずです。
世代も国も越えて色んなメッセージを受け止めたり
楽しめたりできたらいいなぁと思います!
ややこしい話、ごめんなさい。
Commented by 兄者 at 2014-08-07 21:41 x
光と影のは面白い!ピタゴラスイッチみたいな感じですね。大人も楽しめそうです。
芸術を子供も楽しめるようにするっていうのは素晴らしいと思います。子供は大人より発想豊かなので、いろんな遊びが生まれるんでしょうね。
Commented by sukishiki at 2014-08-08 10:11
兄者さん>そうそう、ピタゴラスイッチみたい。それの立体的な感じかな。
ピタゴラスイッチ自体ももかなり考えられていておもしろいですよね!
そうですね、子供の頃から普通に芸術に触れ合って楽しめると
日本自体も、もっと豊かな国になるような気がします。