瞬くあいだ。

ロドちゃんの出産の時のこと。その1

a0307547_16562296.jpg

ロドちゃんが産まれてから明日で1年経ちますが
まだロドちゃんが産まれた日のことをブログに書けていません。
なんとかロドちゃんが1歳になる前までに
ここに記録しておきたいと思っていたので
書いておきたいと思います。

上の写真はロドちゃんが産まれたての頃
病院にキキがお見舞いに来てくれた様子です。
まだキキの顔もあどけないですね^^
久々に会うキキは、なんだか突然大きく成長したように感じられました。
それまでは1人っ子だったので、なんとなく感覚的に『まだまだ赤ちゃん』
みたいな気分だったのですが…

「お母さ〜ん!!!」と走って来たキキは
顔はまだ幼いけど、こんなに足長かったっけ? 笑
というおもしろい印象でした。
思ったより背が高かった!

赤ちゃんを見るなり「かわいい〜!かわいいね〜!」と
何度も言っていました。

a0307547_1342297.jpg

きゃ〜ん、こんなちっちゃかったのね!
あれからあっという間の1年です。

さてさて、産まれる前日から覚えている限り書きたいと思います。

産まれる前日は確か健診だったと思うのですが
健診ですでに陣痛の疑いありになり
すでにこの時切迫子宮破裂の疑いあり(すごい名前)
健診の後何時間か病院で検査していました。
でもまだもうちょいだね〜という事で帰っていいということになり。

その夜中2時くらいだったかな〜??
陣痛のようなものが定期的に…
キキの時は朝陣痛がきて
病院に着いた時にはすでに立つ事歩く事ができない程
陣痛が来てる状態だったので
もう本当に即刻緊急手術!みたいな状態で
なんでもっと早く来なかったの!?という感じだったので
多分私は痛みに我慢強いのかも??早めに連絡した方がいいかも?
二人目だし、子宮破裂したらシャレならん!(一人目帝王切開の場合陣痛来ると破裂の危険性あり)

旦那とキキを伴い病院へ。
前回キキの時は早朝だったので陣痛で苦しむ私を尻目に
旦那は爆睡しておりました。笑
        ↑
このネタ(恨み(?)は一生何かある度に小出しにしてやろうと思うネタのひとつ。笑

今回は爆睡せずに迅速に動いてくれて^^
私はそこで緊急入院となりました。
そして手術はその日1番の10時からに決まりました。早っ!

ここで困った事が!!!
実はその日、家の引き渡しの日で旦那は絶対に立ち会わないといけなかったんです!!
でもお産も絶対に誰か一人親族に立ち会ってもらわないといけなくて…
早朝から何とかオバをつかまえて、なんとか来てもらう事に成功…
こればかりは本当にお世話になりました。

前回とはうって変わって、同じ緊急帝王切開でも
少し落ち着いた感じ。←普通から考えるとかなり緊急な感じですが;
でもすぐその時は来て、手術台へ。

しか〜し!
今回の手術は長かった;;;;;;;
前回の手術で癒着が激しく、それがかなり困難だったみたい。
途中麻酔のせいで苦しくなって意識が遠のいて行くし…
なんか右足の太ももあたりが痛くて痛くて…
後で気付いたんだけど、手術の間ずっとつってたみたい。
色々忘れたけど、なかなか辛い手術で
途中看護士さんが手を握ってくれたのがすごく救いだった。
まだかまだかとやっとこ「あともう少しで赤ちゃんがでてきます」の声。
キキの時は「オンギャーーー!」とものすごい声で先生を驚かせていたので
それを予想していたら…

小さい声で

「ああ〜ん」

え?

ちっちゃ。笑
おしとやか。
男女でこんなに違うのか!
とすでにこの時男女の差を感じました。^^

でもキキの時はなんだか笑えた出産だったんだけど
ロドちゃんの時は無性に感動がこみあげてきて…。
涙がでてきた!
なんだかわからないけど。不思議ですね。

a0307547_13424538.jpg

産まれたて。

と、お腹を閉じてもらってる時点からすでに後陣痛が始まり(相変わらず早っ)
手術室からでると、オバと、なんと旦那とキキがいた!
旦那とキキは家の決済に行っていたのですが
工務店の人が事情を聞いて
ものすごい迅速な用意をしてくれていて
到着してすぐに終るようにすべて用意をしてくれていたみたい。
たぶんものすごく大変だったと思うんだけど
本当に涙の出るような話。
ありがとうございます。

そんな訳で、産まれたてのロドちゃんと旦那、キキは対面できました^^

私も2回目とあってすごく落ち着いてみえたみたい。
内心は痛かったけど。
キキが「お母さん、我慢しなくていいよ、泣いてもいいんだよ」
と(いつも自分が言われてる事?笑)を私に言ってくれ
看護士さんの涙を誘っていました。


つづく。


ランキングに参加しています。
こちらポチッと一押しよろしくお願いします(≧▽≦)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by sukishiki | 2016-09-29 13:56 | マタニティ | Comments(0)