瞬くあいだ。

天国に届ける手紙。

a0307547_10031414.jpg
キキが小学校へ行き始め、字が書けるようになってきたので
入院中のおばあちゃん(私の母)にお手紙を書きました。
7月1日の土曜に書きましたが、来週急いで出そう、と思っていたら
7月3日の早朝、おばあちゃんが危篤だという電話が入り
私がこの手紙を持って滋賀の病院へ急ぎました。

a0307547_10080940.jpg

手紙は渡すことができなかったけど
母が亡くなる寸前に出会う事ができ
「るる、きたよー!」という呼びかけにも応じてくれ
「お母さん、本当にありがとうねー!!」というコトバも伝えることができました。
私を迎えに来てくれた父が部屋に入って来て顔を見て
全員揃ったところで息を引き取りました。
まさか間に合うとは、親の死に目にちゃんと出会えるとは・・・


2017年7月3日、10時11分死亡確認 (私は10時3分に確認しました)
享年66歳の生涯を閉じました。


ここ1か月は、いつどうなるのかわからない状態が続き
母も家族も自分もとても辛い日々だったと思います。
こんな状態なのに、つきっきりで傍にいてあげられないことに
申し訳なさや悔しさでいっぱいの日々でした。


生前は本当に頑張り屋さんだった母。
最後の最後まで家族の心配をしていてくれました。
亡くなった時に持っていくものの用意
自分が着るものの用意もしっかりしていて
家の中も不必要なものはもうちゃんと片付いていて
さすが流石の母だなと感じました。
子供にとって、母親との別れって人生の中でも相当大きな出来事だと思います。


今回、お通夜の晩の火の係、葬儀場での宿泊も両方やらせてもらえて
大変だったけどやらせてもらえて本当に良かった!と思った。
こんなにゆっくり贅沢に最後の最後までお顔を拝めるなんて
さよなら、お疲れさまと言えるなんて、幸せな体験でした。

a0307547_10240191.jpg

ちなみにキキの手紙と、このロドちゃんの手紙は
棺桶の中に入れてもらいました。きっと天国で読んでいるはず。

a0307547_10250866.jpg
お葬式では従姉妹ちゃんに再会。
9か月くらいしか離れていないためかロドちゃんにそっくり!!!
上と下の写真が同じ人じゃない!?っていうくらい。

a0307547_10262387.jpg

そっくり過ぎて双子のようです!
もうちょっと大きくなったら二人で仲良く遊ぶんだろうな〜^^

a0307547_10275652.jpg
キキも親戚に沢山遊んでもらって大満足!
私の妹も(写真撮ってる)来月出産予定なので楽しみ。
賑やかになりそうです。母も天国で楽しみにしているはず。




今朝、鏡を覗き込むとそこには母の目が。
私と母は顔がそんなに似ていないのですが
最近目の球が似ているなと思うようになって来ました。
それを今朝つくづく実感しました。
こうやって私の中にも母が残っているのです。
肉体は灰になっても、魂は傍にいて見守ってくれている。
おじいちゃん、おばあちゃんが亡くなった時もそれを感じていて
母が亡くなった今はもっと強くそれを感じます。
お母さん本当にお疲れ様、ありがとうございました。



ランキングに参加しています。
こちらポチッと一押しよろしくお願いします(≧▽≦)
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by sukishiki | 2017-07-11 05:44 | 家族 | Comments(6)
Commented by お母さんのいとこです at 2017-07-12 02:45 x
お疲れ様でした。
お母さんとは、湯屋でおじいさん関係の沢山のいとこで小さきとき時々、遊んでもらいました
私とは5歳ほど離れていました
Commented by sukishiki at 2017-07-12 09:50
お母さんのいとこさん>カキコミありがとうございます。
母が生前大変お世話になったようで
本当にありがとうございましたm(__)m
Commented by ジジママ at 2017-07-13 08:42 x
お母様入院されていたのですね。
ご家族の皆さんに見守られて、穏やかな旅立ちだったのですね。
ご実家の壁にはお孫さんのお写真がいっぱい飾られていて…
きっと空の上でキキくんとロドちゃんのお手紙を目を細めて読まれていらっしゃるでしょうね。
しばらくはお寂しい日々だと思いますが、どうぞご自愛下さい。
お母様の御冥府を心よりお祈りいたします。
Commented by goopee at 2017-07-16 14:04 x
滋賀で開かれたるるさんの個展の時に、お母様にお会いしましたね。
るるさんが小さな頃から芸術的な才能がおありで、
ずっと見守っていらしたことや、地元でのお仕事の成功を、
とても嬉しそうにお話してださったことをよく覚えています。
初めてお会いする私たち母子にも気さくに声をかけてくださって、
本当にありがたかったです。

キキくんのがお手紙もおばあちゃんへの愛情が溢れていて、とても素敵。
るるさんのまわりはいつも愛で溢れていて、
それがるるさんの作風にも出ているんだなぁと、改めて思いました。

お寂しい気持ちは尽きないとは思いますが、どうぞお身体ご自愛くださいね。
心からお悔やみ申し上げます。
Commented by sukishiki at 2017-07-19 09:45
ジジママさん>ありがとうございます。
キキの運動会、見に行こうかなと言っていたのに
急にガタンと容態が悪くなってしまって・・・。
でも7年間頑張って病と闘ってくれました。
東京にも何度も来てくれたし。
最後はみんなに見守られて、良かったと思います。
Commented by sukishiki at 2017-07-19 09:50
goopeeさん>goopeeさんは母に1度会っていただいていますね。
あの時はありがとうございました。
本当に子供や家族のために、尽くしつくした一生だと思います。
母親としてのお手本にもしっかりなってくれているし
やはり改めて、自分が子供にしていくことは
その後、子供が孫にしていくことなのだと感じます。
だからこそ、今でも私の中で母は存在し続けていて
そのような今をとても大切にしなきゃと思います。